ローリスクハイリターンの土地活用~駐車場成功計画~

エクステリア

初期費用を抑えて始める

一軒家

土地活用の1つの方法として、駐車場があります。駐車場と言っても、様々な種類があるので、所有している土地の特徴を踏まえた上で活用することが大切です。駐車場は大別して、平面駐車場と立体駐車場に分けることができます。平面駐車場とは、アスファルト塗装したものやシャッター付きの物などがあります。それに対して、立体駐車場とは、自走式と機械式に分けることができます。初期コストを抑えて土地活用ができるのは、平面駐車場です。アスファルト舗装しているところもありますが、何も無い更地を駐車場にすることも可能であり、維持費も安いです。立体駐車場でも、自走式のプレハブタイプなら初期コストと維持管理コストを抑えて行なうことができます。コストを抑えてできる土地活用もあれば、多くの収入が見込める方法もあります。機械式駐車場の多層循環式やエレベーター式なら、多くの収入が見込めます。初期コストや維持管理コストはかかってしまいますが、その分多くの車が停められるので、平面駐車場よりも多くの収入が期待できるでしょう。

駐車場は、土地活用の中でも安易な方法というイメージがありますが、とても効率的な活用方法でもあるのです。工夫次第で、収益を大きくすることもできるので、自由度が高い土地活用でもあります。初期投資を抑えながら、利益を挙げられるので、ローリスクハイリターンも可能なのです。土地を所有するだけではなく、駐車場経営のように上手に活用することで、土地を無駄使いせずに済みます。