ローリスクハイリターンの土地活用~駐車場成功計画~

エクステリア

立地関係なく活用できる

不動産

土地活用として駐車場を行なうメリットは、少ない初期投資で始められることです。土地活用をする場合、初期投資が高いとなかなか始めにくいものです。駐車場の場合は、立体駐車場のように充実した設備にすることも可能ですし、平面駐車場のように初期投資をかけずに活用することもできます。土地の大きさや形などによって活用方法を変えることができるのは魅力的です。土地活用として建物を建てる方法もありますが、その方法よりも大幅に投資額は抑えることができます。また、立地条件は関係なく活用できるのもメリットの1つです。建物を使った土地活用の場合、立地が悪いと経営を成立させるのは難しいです。しかし、駐車場の場合は、駅から離れている場合でも利用する人は多いです。住宅用地としても活用できるので、立地を気にせず始めることができます。

様々なメリットがある土地活用ですが、注意しておくべきポイントもあります。それは、固定資産税を減少させられないことです。アパートやマンション用地にすれば、固定資産税は下げられるのですが、駐車場として活用する場合は更地評価になるので、固定資産税を軽減させることはできません。また、相続税評価も固定資産税と同様で更地と同じになります。節税を目的に土地活用をする人も多いですが、駐車場の場合は節税効果がそれほど高くないので注意が必要です。また、平面駐車場なのか、立体駐車場なのかによっても駐車場は異なります。立体駐車場の場合、自走式や多段式になると建築物とみなされるので、設置が認められないこともあるのでしっかりと確認しておくべきです。